So-net無料ブログ作成
検索選択

本間美術館と山居(さんきょ)倉庫 [旅行]

所用があり山形県庄内地方の酒田へと出かけてきました。酒田は北前船が立寄った秋田県寄りの港町です。
2017年4月に北前船が「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」として日本遺産に認定されたようです。
水戸から常磐高速道路でいわき方面へ、磐越道から東北高速道路、山形自動車道路で片道約400Km、所要時間5時間の長旅です。所用の合間に酒田の本間美術館と山居(さんきょ)倉庫を観てきました。
この建物は本間美術館、二人の絵画作品が展示されていましたね。ここは撮影禁止です。
隣にある国指定名勝の本間氏別邸庭園(鶴舞園:かくぶえん)とそこに建っている清遠閣(せいえんかく)を撮ってきました。

IMG_0854.jpg

木戸?というか2つの門を潜ってなかに入ります。名勝地日本庭園の作りはこういう感じですね。
IMG_0828.jpg

こちらが昔の観光入り口だとか。そことなくキップ売り場が何か侘しい。これも大正ロマンか...
IMG_0835.jpg

お堂がありました。回りの囲った建物で守られているのですね。
IMG_0836.jpg

2階から眺めた本間氏別邸庭園(鶴舞園)、向こうに見える建物は先ほどの本間美術館です。
手入れが行き届いています。
文化十年(1813)、四代本間光道が築造した鳥海山を借景とする池泉回遊式庭園。池の中島に鶴が舞い降りたことから、藩主酒井候により鶴舞園と名付けられています。
IMG_0846.jpg

池には蓮の花が...
IMG_0831.jpg

IMG_0834.jpg

日本庭園の蓬莱石組(ほうらいいわぐみ)だとか
IMG_0847.jpg

ここからの眺めが一番良い月見石
IMG_0848.jpg

池には橋が...渡ると鳥居と祠があります。
IMG_0851.jpg

IMG_0853.jpg

清遠閣に入ってみます。
IMG_0839.jpg

屋根には何だろうね。鬼瓦ならぬ...
IMG_0838.jpg

清遠閣の外観
IMG_0852.jpg

IMG_0841.jpg

清遠閣は藩主酒井候が領内を巡視する際の休憩所として建てられたそうです。
ガラスがボコボコと歪んでいるので時代を強く感じます。当時にこんな大きなガラスを作るのは大変だったのでは。
IMG_0842.jpg

階段は総檜で作られています。
IMG_0843.jpg

昭和天皇が泊まられたお部屋、柱は四方柾の杉だそうな。床の間の撮影はNGです。
襖を閉めるので節が一方にある三方柾は聞いたことがありますが、普通の柱に四方柾は初めてです。
主に四方柾は床柱に用いられるので贅沢の限りです。いったい大きな杉の木から何本採れるのだろう?。
因みに1階の柱は塗り柱なのだそうです。
IMG_0845.jpg



駅前のビジネスホテルに一泊、夕飯は外食です。
良さそうな魚を食べられる飲食店をホテルで紹介してもらうがほとんど満席で断られましたよ。
一軒目は○○水産、焼き魚も自分で焼けるらしいが、軽く断られました。
二軒目は○○鮨、ジロッと見られ、ここも断られました。
三軒目は○○、ここは止めよう。四軒目は灯りが点いていない。
五軒目の焼き鳥店、お刺身もやっているので交渉したところOKとのこと。
無愛想なな○○平似のオーナー、お刺身の包丁さばきがお見事でした。
ホウボウ、鯛、飛び魚、全て甘く美味しかった。鯛は腹側まで綺麗に捌いてあり絶品でした。
純米吟醸の山法師(やまほうし)が香り良く、酸っぱさもなくベロ感、のど越しも美味かった。
関西風牛スジ煮込みが自分の口に合わなかった。壁側にモツ煮込みと書いてあるのを見つけ。失敗した。
強面ではないが無愛想なので写真はありません。



 山居(さんきょ)倉庫

山居倉庫は明治26年(1893)に酒田米穀取引所の付属倉庫として、舟の積み降ろしに便利な最上川と新井田川とに挟まれた、通称「山居島」に建てられたのが始まりです。
IMG_0860.jpg

風情のある山居倉庫のケヤキ並木、倉庫の裏手にあります。
IMG_0857.jpg

一角に庄内米歴史資料館があります。
IMG_0861.jpg

入り口を入るといきなりお人形が...
これは米の検査風景、1等米から5等米に格付けされたそうです。
IMG_0862.jpg

IMG_0863.jpg

ジオラマ
山居倉庫の設計は独創的、俵の熱を放散、屋根からの伝導熱を防ぐ二重屋根、夏の西日と強風を防ぐケヤキ並木など適温を保つ工夫がされています。
ここではお米を大阪や京都など西廻りに運んだので北前船=千石船(150トン)と言うらしい。
IMG_0866.jpg

農家のくらし
稲の品種やお米を見比べるコーナー
IMG_0871.jpg

ササニシキ、どまんなか、ひとめぼれもあります。
IMG_0873.jpg

馬や牛に牽かせた農具、どことなく懐かしい。
ここは子供達の夏休みの宿題にピッタリなところですね。我々大人はお土産などの売店が目当てです。
IMG_0874.jpg

nice!(42)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 42

コメント 1

旅爺さん

入り口も入ってからの雰囲気も??と思ってしまいそうですが、
実に素晴しい庭園と展示物が見応えがありますね。
by 旅爺さん (2017-07-19 08:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0