So-net無料ブログ作成
検索選択

発表会の二重奏 [クラシックギター]

ギター教室の発表会で、F.ソル作曲の練習曲ロ短調作品35-22 「月光-フォルティア編」を二重奏で演奏します。リピートの前半後半を交互に演奏しますが土曜日の練習では後半が速くなり息も合わなかった感じです。
21日はリハーサルがあり、30分前に二重奏を練習して、どうにかこうにかうまく合ったようです。
先生も聴いていて何も言わずに別な二重奏へ行ってしまいました。おそらく大丈夫なのでしょう。
足リズムばかりでなく、やはりメトロノームを鳴らし正確なテンポで練習しないと掴めないかも知れません。
速度は80とかなりゆっくりです。ゆっくりだと後半が速くなり易いそうです。若干速くして85くらいで演奏できればと思います。相方も掴めたのではないだろうか。
youtubeで見つけました。月光はこういう美しい曲です。これよりもゆっくり弾きます。




発表会は蝶ネクタイにタキシードか略礼服を着用して演奏します。
本番リハーサルは、本番中が写真も録音も禁止なので、写真を撮る関係から略礼服なのです。
アンサンブルの演奏もあるのでこれが制服なんですね。
独奏曲は「黒いオルフェ」、ヴォサノヴァ風なので本当は私服が良いと考えていました。

これは独奏リハーサルの様子です。
袖口から真ん中の椅子と譜面台まで行き、軽く観客へ一礼します。
その後に楽譜を乗せたり椅子の調整を行います。チューナーは外し演奏右手が見えるように譜面台を低くします。演奏し終わったら一礼し楽譜を持って袖口へと向かいます。

ギターアイコン.png

独奏リハーサルは、肝心な弦触れが2ケ所、音外し3ケ所はまだしも、どこを弾いているのが分からなくなる譜面の追い間違いがありましたね。あぶないあぶない。発生し易い箇所にはマーカーで色を塗っておきましょう。○○さんはあがらないのですね。と数名から言われましたがけっしてそんなことはありません。練習して克服あるのみです。前にラリアーネ祭りの不得手なアルペジオを弾いているときに、右手が震えて演奏できなかったことがあります。
楽器演奏は脳の鍛錬に良いと思っています。もちろん眼にもです。
音符を眼で見て、それを脳が反応し、右手左手の指などに指令を出して音が出るからです。
譜面を見ない暗譜は脳の鍛錬にはならないのでお薦めしません。


発表会は6月4日(日)です。





 引き舟

待ちに待った鮎釣りが間もなく解禁します。
まだ使えそうですが引き舟を新調しましたよ。釣果には関係ありませんが同じものを揃えました。
赤と白で前と比べると少し派手なんです。65歳以上はポイント10倍でメガネに取り付ける偏光サングラスをポイントで買いました。
鮎タモ網もと考えていましたが高くて買えません。替えタモ網もべらぼうに高く新しいのを買えということでしょうね。

IMG_0408.jpg

nice!(40)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 40

コメント 4

ぼんさん

弟子屈町は大鵬が少年時代を過ごした郷里で「大鵬相撲記念館」があるとバスガイドさんから教えて頂きました。
鮎釣り楽しみですね(^.^)
by ぼんさん (2017-05-24 07:31) 

まき

月光はピアノで弾いたことあります♪ 綺麗な曲ですね♪
発表会、近づいてきましたね〜練習の成果がでますように^_^
by まき (2017-05-24 22:04) 

旅爺さん

お早う御座います。
演奏会の日まで練習が大変ですね。
鮎釣りも楽しむなんて羨ましいです。
by 旅爺さん (2017-05-25 06:25) 

旅爺さん

お早う御座います。
6/4日に向けて練習と畑は頑張ってますか?
今日は雨模様ですね。
by 旅爺さん (2017-05-26 08:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: