So-net無料ブログ作成

ツ抜けなるか [鮎友釣り]

何年も釣りをやっていますが、私にとって「ツ抜け」は一つの目標です。
10匹以上を指します。ひとつ・ふたつ・みっつ・~じゅう以上は「つ」がありませんね。ツ抜けです。
土日・祝日の鮎友釣りは釣り人で混み合うのでお休みにしています。
水・木曜日の天気予報はあまり良くないようなので、6月7日に曇り空でしたが出かけてきました。
午前6時15分に家を出て、8時30分より釣り開始、いつもの久慈川下野宮。
朝方は寒かったですね。午後には少しは暖かくなるかと期待です。
午前中は人っ子一人、誰も居ません。実に寂しい限りです。
また、暫く雨が降らず異常な渇水です。常陸大宮の下流域はたまったものではありませんね。

IMG_8515.jpg



カラスとトンビの空中戦
カラスは子育て中なのかな。勇猛果敢にも一羽で追っ払っていましたね。
憎っくき川鵜も2羽見かけました。

DSCN0251.jpg


一投目はいつもの深場のところ
直ぐに掛かりましたよ。それも立派な背掛かりで。その後根掛かり糸切り1回、場所移動。
ここでは2匹かな? 思い出して書いているものだから曖昧ですが...
午後からは、あるポイントが入れ掛かりになり5匹ゲット

DSCN0253.jpg


反対側へ渡り瀬肩を狙います。
掛かりましたがここの鮎は小さかったので(囮クラス)即場所移動しましたよ。
午後に大きな1匹を追加

DSCN0255.jpg


対面の釣り場
ここでは3匹かな? 型は今にしては大きいほうですね。

DSCN0258.jpg


誰もいない急流なゴツゴツとした釣り場、渇水過ぎます。
手前側を攻めるが釣れる気がしないので退散。
大きく場所移動し垢腐れのポイントに竿を出すも、ここも退散...

DSCN0259.jpg




川原に越しかけ、昼食をとっていると赤い花が目につきました。
この花は何だろう?
ポピーにも見えるしケシの花にも見えます。(ヒナゲシですね)
増水で流れてしまうことも多々あるでしょう。種を作り、根をしっかりと張らせ、綺麗な花を咲かせます。
自然のたくましさです。

DSCN0265.jpgDSCN0262.jpg


右の花は何でしょうね?

DSCN0266.jpgDSCN0264.jpg


これは比較的大きい鮎です。このクラスが6匹かな。
今年は解禁当初から大きい鮎が釣れると誰もが言っています。

DSCN0273.jpg


午後からは風も少し吹き、ジャンパーを着ないと寒くて釣りになりません。
2名の組合員らしき釣り人が現れました。午後からは暖かくなり活性が上がるともくろんだのでしょう。
釣果トータルで12匹、4時上がりです。
〆るのに釣った鮎を引船からタモ網へ入れたところ、一番大きな鮎がジャンプ、逃げられてしまいました。
大きな鮎は姉のところへ届け、残りは天婦羅でいただきます。
今頃の鮎は骨ごと食べられますからね。

DSCN0268.jpg


nice!(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 36

トラックバック 0